大阪・守口市・眼科『くさば眼科クリニック』一般眼科診療、白内障手術、緑内障手術、硝子体手術、眼瞼手術、涙道手術、レーザー手術、お子様の斜視・弱視治療、コンタクトレンズ処方、外眼部手術など、眼科専門医が診療いたします。

手術について

手術について

手術室難症例を含む多くの手術を行ってきた経験豊富な院長ならびに担当医師が手術を担当します。
不安を取り除く説明と的確な技術で患者様に肉体的・精神的負担の少ない手術を心がけています。

日帰り白内障手術

当院では日帰り白内障手術を行っております。

白内障とは目のレンズの役割を持つ無色透明の水晶体が濁ってしまい視力が低下する病気です。それを改善するため、濁った水晶体を取り除き、人工眼内レンズを挿入します。
麻酔はほぼ点眼麻酔で行います。痛みはほとんどなく、手術中は医師の声も聞こえますし、会話もできます。
手術は超音波を利用して濁りを吸収したあと、眼内レンズを挿入します。手術時間は特に問題がなければ10分程度で終了します。
顕微鏡を用いて行う繊細な手術ですが、心配ありませんので、リラックスして顕微鏡の光をしっかり見ていてください。
手術後は、15分程度お休みになれば帰ることができます。
眼内レンズは、取り除いた水晶体の代わりに、ピントを合わせる働きをします。
水晶体がもとあった位置に挿入するため、異物感はなく、取り外しをする必要もありません。 一度挿入すれば、半永久的に使用できます。

白内障手術の安全性は、医師やスタッフの高い医療技術と最新の手術設備によって保たれます。
しかし、手術には予測できないことが起こる可能性は必ずあり、100%の成功率を望むことはできません。

院長は難治性白内障含め、日帰り白内障手術を多数経験しておりますので、安心して手術を受けてください。当クリニックでは、最新の手術設備を整えるとともに、手術の成功率ができるだけ100%に近づくよう、細心の注意をはらって手術を行っています。

レーザー手術(網膜光凝固術、後発白内障切開術)

下記の目の病気に対して網膜光凝固術(レーザー治療)、後発白内障を行っています。

点眼麻酔で行います。手術時間も長くなく、殆どが5分〜20分程度で済みます。

  • 網膜裂孔
  • 眼底出血
  • 糖尿病性網膜症 など
  • 後発白内障

日帰り硝子体手術

眼球内の硝子体という組織の手術です。

眼球内に硝子体という透明でゼリー状の組織があります。硝子体手術は、この硝子体を切除し、様々な疾患に対して行う手術です。
眼球のなかには硝子体という透明なゼリー状の組織があります。硝子体に炎症や出血を起こしたり、網膜を牽引して網膜剥離起こると視力低下します。また、網膜の上に膜が張ったり(黄斑上膜)、網膜の中心部分である黄斑という部位に穴が起きる(黄斑円孔)などの病気により視力低下やゆがみが発生する病気があります。これらの病気が硝子体手術の適応となります。
この硝子体を切除するために白目の部分に小さな穴(0.5mm)を3ヵ所開け、そこから細い器具を眼内に挿入し、眼の中の出血や濁りを硝子体と共に取り除いたり、網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治し網膜の機能を回復させる手術を硝子体手術といいます。

手術方法

手術は局所麻酔で行います。手術室で眼の消毒をした後に眼の下の部分に麻酔の注射をします。それでも手術中痛みを感じる場合は麻酔を追加することで痛みを取り除くことが可能です。

図1まず白目の部分に手術機器を挿入する小さな穴を3ヶ所あけます。1つ目は術中に眼球の形態を保つための灌流液を入れるため、2つ目は眼内を照らす照明を入れるため、3つ目は硝子体を切除するカッターと呼ばれる器具やレーザーを入れるための入り口です (図1)。
硝子体を切除します。その後は疾患により、網膜上に張った膜をピンセットのような器具でめくったり、増殖膜と呼ばれる分厚い膜をハサミで切り取ったり、網膜にレーザーを照射したりと必要に応じて処置を行います。
網膜剥離や黄斑円孔などの疾患は、灌流液をガスに入れ換えて手術を終えます。

図2ガスを注入した患者様は術後数日間うつむき姿勢をとって頂きます(図2)。
白内障に罹っている患者様は白内障手術も同時に行うことがあります。
手術時間は疾患や病状により、軽症なら1時間弱、重症の場合は2時間以上かかります。
院長は日帰り硝子体手術を多数経験しておりますので、安心して手術を受けてください。
病状や重症度により入院での手術の方が良いと判断した場合には、入院施設を有した提携病院にご紹介させていただきます。

適応疾患

  • 網膜剥離
  • 黄斑上膜(黄斑前膜)
  • 黄斑円孔
  • 網膜静脈閉塞症
  • 糖尿病網膜症
  • 水晶体脱臼、眼内レンズ脱臼など

日帰り眼瞼下垂手術

当院では日帰り眼瞼下垂手術を行っております。

加齢にともなう眼瞼下垂は、まぶたを吊り上げる筋肉のゆるみと上まぶたの皮膚のたるみが原因です。手術によってまぶたを吊り上げる上眼瞼の筋肉(腱膜)を短くし、あまった上まぶたの皮膚を切除することで改善します。加齢によるものの多くは両眼にありますので、両側の手術を必要とします。

手術後にまぶた周囲の腫れ、内出血が生じますが時間とともに軽快します。傷跡は2~3か月目立つことがありますが、その後は白くなり目立たなくなります。眼瞼下垂が強くまぶたをあげる筋肉が弱っている場合は、手術後も少し下垂が残ることもあります。 左右のまぶたの高さは筋肉の力のバランスで決まるため、左右差が生じることがあります。左右差のためにまれに修正手術を必要とすることがありまのご了承ください。

当院では多数の手術経験を有する眼瞼手術専門医と院長が執刀します。
眼瞼下垂は保険適応の疾患ですので、3割負担の方で21,600円、1割負担の方で7,200円(片眼料金)で、皮膚弛緩の方はもう少しお安く手術が受けれれます。

Clinic Information

〒570-0012
大阪府守口市大久保町5丁目68番9号 エクセレントコート101

お気軽にお問い合わせください

TEL.06-6967-8809
診療時間
 9:00~12:00
13:00~16:00
16:00~18:30

…手術

  • コンタクトレンズ処方ご希望の患者様でコンタクトレンズが初めての方は、検査ならびに装用練習のお時間がかかるため、事前にご予約いただくか、後日装用練習にきていただく場合がございます。ご了承ください。
  • コンタクトレンズ処方ご希望の方は、受付終了30分前までにご来院ください(午前:11:30まで、午後:18:00まで)。

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

京阪バス「大久保団地」停留所より 徒歩約1分
京阪バス「大久保中学校」停留所より 徒歩約2分

無料駐車場・無料駐輪場あり

MAP
PAGETOP
Copyright © 2019 くさば眼科クリニック All Rights Reserved.