大阪・守口市・眼科『くさば眼科クリニック』一般眼科診療、白内障手術、緑内障手術、硝子体手術、眼瞼手術、涙道手術、レーザー手術、お子様の斜視・弱視治療、コンタクトレンズ処方、外眼部手術など、眼科専門医が診療いたします。

病気の説明

病気の説明

当院では様々な目のトラブルに関して診療可能です。
目に関してご不安な事がありましたらお気軽にご相談ください。

白内障

高齢化で水晶体が濁る病気

白内障白内障とは目のレンズの役割を持つ無色透明である水晶体という部位が、濁ってしまい視力が低下するという病気です。
特に40歳以降の方に多く見られ、年を重ねるごとに発症リスクは高まります。このような加齢による白内障を加齢性白内障と言います。
タイプによって初期症状がほとんどなく症状が進行してしまう場合もありますので40歳を超えた頃から定期的な検診を受けるようにしましょう。
その他、遺伝や胎内感染などの先天性白内障や糖尿病による白内障、外傷が原因での白内障などもあります。
当院では日帰り白内障手術で治療可能ですのでお気軽にご相談ください。

↑病気一覧に戻る

老眼

40代で始まる目の老化

老眼近くの細かい字が読みづらい、また近くから遠くへ、遠くから近くへと距離の違うものにピントを合わせるのに時間がかかるようになってきます。
たとえば、新聞や辞書などの細かい字を読むとき、以前よりも目から離さないと読みづらくなりますし、少し暗くなると本などの字が読みづらくなります。また、本を読んでいて、ふと目をあげると、窓の外の景色がぼんやりして見え、じっと見ているとだんだんはっきりしてくるというような症状が起きてきます。年齢とともに水晶体はかたくなり、水晶体を支えるチン小帯がゆるんでも水晶体の厚さを変えることができなくなってきます。そのため、近くのものにピントを合わせることができなくなるのが、老眼です。
老眼かなと思ったら、まず眼科受診してください。自分では老眼だろうと思っても、他の病気による視力低下が隠れていることもあります。眼科ではきちんと検査したうえで、老眼による視力低下であるとの診断をします。老眼と診断したら、生活スタイルや使い道などによって老眼鏡の処方をします。老眼鏡にも用途や度数などが異なったいろいろなタイプがあります。受診の際には、仕事の内容やどんな眼鏡の使い方をしたいのか、何を見たいのかなどについて、細かくお話してください。

↑病気一覧に戻る

緑内障

自覚症状が出た時には病状が進行している事も…

緑内障緑内障とは、目の硬さを保つ「眼圧」や、目から得た情報を脳に伝える視神経のつなぎ目である「視神経乳頭」というところの異常が原因により視野が狭くなる病気で、日本では最も多い目の病気としてよく知られています。
頭痛や吐き気、目の痛み等の症状が見られる場合もありますが、ほとんどのケースでは初期段階での自覚症状が見られないので、症状が進行してから眼科を受診されるケースも多く見られます。
発見が遅くなればなる程治療が難しくなりますので早期発見が非常に重要となります。

↑病気一覧に戻る

加齢黄斑変性

視野の中央に支障をきたし、見たいところが見えない状態に

黄斑とは、網膜の中心部のことをいい、黄斑部には視細胞が密集しています。人はものをしっかり見る時は、目を動かして常に黄斑部を中心にして見ています。
その最も重要な機能を持つ黄斑に障害が起こる病気として代表されるのが「加齢黄斑変性」です。文字通り加齢によって黄斑部に障害が生じる病気です。
黄斑に障害が生じると著しく視力が低下したり、物がゆがんで見えたり、色覚異常、視覚障害などが起こります。
加齢黄斑変性には滲出型と萎縮型があり、治療法はタイプによって違いますが、注射やレーザー治療、内服薬等があります。

↑病気一覧に戻る

糖尿病網膜症

糖尿病になったら定期的な眼科検診を

糖尿病性網膜症とは、糖尿病の合併症のひとつで、網膜が糖尿病によってダメージを受け、視力低下する病気です。
網膜とはフィルムのような役目を果たしている重要な組織で、多くの血管が通っており、高血糖の状態が続くと血管がつまったりもろくなったりします。
初期段階では自覚症状が見られないケースも多いのですが、進行してしまうと、最悪の場合は失明の恐れもありますので早期発見、早期治療がとても重要になります。
糖尿病の方は、血糖コントロールはもちろんの事、定期的な眼科検診を受けるようにしましょう。

↑病気一覧に戻る

網膜静脈分枝閉塞症

眼底出血して視力低下を起こします

網膜静脈閉塞症とは、カメラのフィルムにあたる部分である網膜と呼ばれる網膜の心臓に戻る血管(静脈)がせき止められて網膜に出血(眼底出血)する病気です。
網膜静脈閉塞症の種類は網膜中心静脈閉塞症(CRVO)網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)があります。
網膜中心静脈閉塞症(CRVO):網膜中心静脈がつまる、つまり下流の大元がつまってしまいます。網膜全域の血流が悪くなり、網膜のむくみ (浮腫)がきつくなるために高度の視力低下を起こすこともしばしばです(年長者では特に)。
網膜静脈分枝閉塞症(BRVO):網膜上の静脈の枝葉(分枝)がつまってしまいます。つまった領域の網膜の血流が悪くなり、つまった場所にやそれが原因による網膜のむくみ(浮腫)の程度によって視力低下は様々ですが、網膜中心静脈閉塞症よりは軽症のことが多いです。
網膜静脈閉塞症を起こしやすい人は・緑内障(眼圧の高い方)、糖尿病、高血圧、血液疾患(白血病など)が多い傾向にあります。
網膜静脈閉塞症の症状は霧がかって見える(霧視)や視力低下が主な症状です。その他、蚊が飛んだように見える(蚊飛症)、時に目が痛くなるときもあります。網膜静脈閉塞症の検査は視力検査、眼底検査で眼底出血を確認します。網膜のむくみ(浮腫)を調べるために網膜の断層写真もとります。時に血液検査、内科受診をしていただき全身状態のチェックも行います。
網膜静脈閉塞症の治療は自然に出血が吸収されるのをしばらく待つこともありますが、網膜のむくみ(浮腫)がひどく視力が下がっている場合にはむくみをとるために、硝子体注射や網膜に光凝固を行います。むくみが続く場合は手術を行うことがあります。これはむくみが続くと視力が下がったままになるからです。出血の範囲やむくみの程度は患者様によってことなりますので、病状によって相談しながら治療をすすめていきます。

↑病気一覧に戻る

ぶどう膜炎

血液と深く関係している疾患であるため、原因や症状も様々

ぶどう膜炎とは、目の中の虹彩、毛様体、脈絡膜という目を構成している3つの組織からなるぶどう膜が炎症を起こす病気です。ぶどう膜は非常に血管が多く、身体を巡る血液と深く係っているため、目だけではなく、身体に関する様々な要因から発症する場合があり、発熱や関節痛など、身体全体に症状が現われる事もあります。
目の症状としては視力の低下や目のかすみ、充血、痛みなどがみられ、放置しておくと網膜剥離や白内障、緑内障などを発症する事もあります。また、いったん症状が治まったとしても再発する可能性もあるため、定期的な眼科検診が必要です。

↑病気一覧に戻る

アレルギー性結膜炎

アレルギーの原因をつきとめ、対策を

目がかゆいアレルギー性結膜炎とは、目にアレルギーを起こす物質(アレルゲン)が付着し、結膜が過敏な炎症反応を起こす病気で、かゆみや充血、目やに等様々な症状が出ます。
生活環境や生活習慣の変化に伴い、アレルギーを持っている人は年々増加しており、花粉、食べ物、薬剤、金属、ダニ、ハウスダスト、ペット等、様々なアレルゲンがあります。
治療は点眼薬が中心となりますが、食生活を見直したり、生活環境を常に清潔にする等、ご自身でのケアも重要となります。

↑病気一覧に戻る

ドライアイ

ドライアイを軽視すると重症化することも

ドライアイ涙は目を潤す、目を守る、目に栄養分を運ぶ等、様々な役割を担っています。
ドライアイはその涙の量が少なくなったり、涙の成分が変化することで目の乾燥や表面が傷つき、不快感や痛み、疲れやすいなど、さまざまな症状を引き起こす病気です。エアコンや長時間のパソコン、スマートフォンの使用など、昨今の生活環境が要因である事も多く、目の現代病と言っても過言ではありません。
病気としての認識が薄く、ちょっと目が疲れただけという認識の患者さんも多いのが現状ですが、重症化すると視力低下や角膜上皮剥離を引き起こすケースもありますので注意が必要です。
ドライアイ用に市販されている目薬もありますが、不快な症状が続くようであればなるべく早く医院を受診される事をおすすめします。治療としては、点眼薬の他に、「涙点プラグ」という方法もあります。

↑病気一覧に戻る

結膜下出血

急に白目が赤くなります

結膜下出血私たちの目は、中心の黒目(くろめ)とその周りの白目(しろめ)の部分に分かれています。白目はその表面を透明の薄い膜で覆われていますが、これを結膜(けつまく)と呼びます。結膜は粘液を賛成して、目の表面にうるおいをあたえる働きがあります。結膜の中には細い血管がたくさん通っています。結膜下出血とは結膜が何らかの刺激を受けることにより、結膜の血管が破れて白目に出血した結果、白目が赤く塗り壁のような状態になったことです。
結膜下出血の原因は不明なものも多く、お酒の飲みすぎなどでも起こります。繰り返し結膜下出血を起こす場合は、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの全身疾患の可能性もありますので、注意しましょう。

結膜下出血の主な原因
  • けが(外傷、手術など)
  • ウイルスによる急性結膜炎(人にうつる場合があります)
  • 全身疾患(高血圧、動脈硬化、糖尿病)
  • 結膜弛緩症(結膜のたるみ)

結膜下出血の症状は白目が出血により真っ赤になり、外見上は重症に見えますが、通常症状はありません。黒目(角膜)の部分には出血せず、視力にも影響しません。めやに、なみだもでません。時に、ごろごろするかもしれません。再出血しなければ、通常1~2週間で自然に消えて、きれいな白目に戻ります。結膜下出血は外見上、重症に見えますが、特に症状もなく何もしないでも白目に戻ります。目が赤い時には結膜炎など治療が必要な病気の場合もありますので、目が赤い時は眼科受診をしてください。

↑病気一覧に戻る

麦粒腫・霰粒腫

痛みがあったり腫れがある場合は眼科を受診しましょう

ものもらい「麦粒腫」「霰粒腫」というと聞き慣れない言葉だと思われる方も多いかもしれませんが、みなさんがよく耳にする「ものもらい、めばちこ」がこの病気にあたります。
「麦粒腫」は細菌感染、「霰粒腫」は分泌腺がつまったりすることで発症します。
自然に治した方もおられるかもしれませんが、痛みや腫れが気になる場合は悩むより早く眼科を受診すれば早く治ります。また、重症化したり腫れが大きいものになると手術が必要になる場合もありますので注意が必要です。

↑病気一覧に戻る

翼状片・瞼裂班

黒目が白くなってきます

翼状片とは、黒目(角膜)の上を覆うように伸びてくる白目の組織のことです。これは小さいままでいることも、視力の妨げになる位に大きく伸びてくることもあります。翼状片は、大部分の人は黒目の内側にできますが、外側にできることもあります、はっきりとした原因はわかっていませんが、翼状片は屋外にいることの多い人(特に天気の良い日)に多いようです。長い時間、太陽の光(特に紫外線)にあたることや乾燥、ほこりっぽい環境での慢性的な目の刺激は重要な原因のひとつになり得ると考えています。

翼状片の治療は?

翼状片が赤くなり炎症を起こした場合は、点眼や軟膏を使って炎症をおさえます。視力の妨げになるくらい大きく伸びてきた場合や乱視がひどくなった場合、美容的なことを考えた場合は手術をします。
手術ではできるだけ翼状片の組織を切除しますが、まれにまた伸びてくる場合があります。(特に若い人に多いようです)。

瞼裂斑とはしろ目の上にできる黄色い斑点や隆起のことで、鼻側のしろ目に多く見られます。これは悪いものではなく、正常な組織がタンパクと脂肪の沈着で変化したものです。翼状片と違い、くろ目(角膜)に伸びてくることはありません。これも慢性的な刺激や太陽の光などが影響していると考えられています。瞼裂斑の治療は炎症が強い場合には目薬の治療を行う場合があります。逆に炎症がなければ特に治療の必要もありません。美容的に気になって、手術をしても、手術の傷のほうがかえって目立つので、手術をしないで様子みることが多いです。

↑病気一覧に戻る

眼瞼下垂

瞼が下がっている場合は眼科

眼瞼下垂は、上まぶたが垂れ下がった状態のこと言い、発症頻度が高い疾患です。眼を開けようとしても上瞼が十分に上がらず、瞳孔(黒目の中にある黒い穴)の一部が隠れてしまう状態のことです。自覚症状は、瞼が重くて眼を開けているのが面倒になった、視界の上側が瞼で遮られて見えにくくなったなどがあげられます。先天性と後天性に分けることができます。先天性はまぶたを引っ張り上げる筋肉(眼瞼挙筋)が生まれつき発育異常のものです。後天性のものは、まぶたを引っ張り上げる腱膜に異常がある腱膜性、重症筋無力症など筋肉自体に異常がある筋原性、動眼神経麻痺など筋肉を支配する神経に異常がある神経原性に分けることができます。

多くは腱膜性の眼瞼下垂です。腱膜性下垂は、加齢によるものが一番多いですが、最近はコンタクトレンズ長期装用による眼瞼下垂が注目されております。

このタイプの下垂は手術をすることによって治ります。皮膚を切開して眼瞼挙筋を短縮し、まぶたを引き上げる手術を行います。また上眼瞼皮膚弛緩症と呼ばれる上まぶたの皮膚がしわにになって、ひさしのように被さった方も多くおられます。このタイプも手術することによって治ります。

↑病気一覧に戻る

Clinic Information

〒570-0012
大阪府守口市大久保町5丁目68番9号 エクセレントコート101

お気軽にお問い合わせください

TEL.06-6967-8809
診療時間
 9:00~12:00
13:00~16:00
16:00~18:30

…手術

  • コンタクトレンズ処方ご希望の患者様でコンタクトレンズが初めての方は、検査ならびに装用練習のお時間がかかるため、事前にご予約いただくか、後日装用練習にきていただく場合がございます。ご了承ください。
  • コンタクトレンズ処方ご希望の方は、受付終了30分前までにご来院ください(午前:11:30まで、午後:18:00まで)。

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

京阪バス「大久保団地」停留所より 徒歩約1分
京阪バス「大久保中学校」停留所より 徒歩約2分

無料駐車場・無料駐輪場あり

MAP
PAGETOP
Copyright © 2019 くさば眼科クリニック All Rights Reserved.