守口市の眼科『くさば眼科クリニック』です。一般眼科診療、白内障手術、緑内障手術、硝子体手術、眼瞼手術、涙道手術、レーザー手術、お子様の斜視・弱視治療、コンタクトレンズ処方、外眼部手術など、眼科専門医が診療いたします。寝屋川市からもご来院いただけます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病になったら定期的な眼科検診を

目には、カメラのフィルムにあたる部分が目の底(眼底)にあります。それを網膜と呼びます。網膜は目の底の内側に張り付いた神経でできた膜で、ここで光を感じ取ります。糖尿病で血糖値が高くなることで網膜の血管が傷ついて出血したり、網膜の血の巡りが悪く(酸素不足)なることで、大出血(硝子体出血)や網膜が剥がれてくる(網膜剥離)結果、視力が下がる病気です。糖尿病網膜症は失明第3位の病気です。

糖尿病網膜症になる人は多いの?

糖尿病は全国に700万人おり、可能性のある方も含めると1620万人いると言われています。糖尿病は発病初期にはほとんど自覚症状がないため軽視されがちですが、全身に及ぶ合併症を引き起こす油断できない病気です。

糖尿病網膜症は糖尿病性腎症、神経障害とならんで「三大合併症」と言われています。糖尿病網膜症は糖尿病患者様の13.1%に発症するという報告があります。

どのように進行するのでしょうか?すぐ見えにくくなりますか?

糖尿病網膜症は以下の3段階に分けられます。初期には視力低下など自覚症状がなく、時にかなり進行するまで視力が良好な方がおられます。ただ、最終段階の増殖糖尿病網膜症になると視力低下や場合によっては失明することがあります。3段階のいずれの段階でも網膜のむくみ(浮腫)が出現して、視力が下がる場合があります(糖尿病黄斑症)。

自覚症状眼底所見・治療方法受診間隔
単純網膜症(注意必要)
全くない 網膜出血、毛細血管瘤、脂肪の沈着(硬性白斑)

治 療内科的なコントロールが第一です。

3~6ヶ月に1回
増殖前網膜症(やや危険)
ほとんどない 網膜血管の拡張・閉鎖、多発するしみ(軟性白斑)

治 療進行防止に網膜光凝固術をおこないます。

1~2ヶ月に1回
増殖網膜症(危険)
視力低下
失明
新生血管の発生、硝子体出血、網膜剥離

治 療網膜光凝固と共に手術が必要です。

2週間~1ヶ月に1回
糖尿病黄斑症(糖尿病黄斑浮腫)

視力をだすのに一番大事なところ(黄斑)に網膜のむくみ(浮腫)が出て、視力が下がります。

上記のいずれの段階にも出現します。治療は抗VEGFの硝子体内注射を行うことが一般的です。浮腫の状態やタイプにより、網膜光凝固や浮腫を軽減するお薬(ステロイド)の注射、手術などの選択があります。

目の状態で選択しますので、御相談下さい。
抗VEGF治療についてはこちら

1年に1回は眼底検査を

糖尿病網膜症は自覚症状がないため、眼科受診されない方がおられます。
糖尿病と診断されたら、網膜症を発症していない方も最低1年に1回は受診し眼底検査を受けるようにしてください。

他の病気の説明については下記からご覧いただけます

Clinic Information

〒570-0012
大阪府守口市大久保町5丁目68番9号 エクセレントコート101

お気軽にお問い合わせください

TEL.06-6967-8809
診療時間
 9:00~12:00
13:00~16:00
16:00~18:30

…受付時間 9:00~12:00
…受付時間 9:00~11:30

…手術

  • 月曜日と木曜日は午後手術のため、午前診の受付を9:00~11:30とさせていただきます。ご理解のほど宜しくお願いいたします。
  • コンタクトレンズ処方ご希望の患者様でコンタクトレンズが初めての方は、検査ならびに装用練習のお時間がかかるため、事前にご予約いただくか、後日装用練習にきていただく場合がございます。ご了承ください。
  • コンタクトレンズ処方ご希望の方は、受付終了30分前までにご来院ください(午前:11:30まで、午後:18:00まで)。

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

京阪バス「大久保団地」停留所より 徒歩約1分
京阪バス「大久保中学校」停留所より 徒歩約2分

無料駐車場・無料駐輪場あり

MAP
PAGETOP

くさば眼科について

「守口市」と「寝屋川市」の境界に位置する守口市大久保町5丁目(大久保中学校前)で、2019年5月に開院した眼科クリニックです。
地域の皆様のかかりつけ医として、目の不調の解決やニーズに応えるべく、最新かつ最良の眼科医療だけでなく、患者様のお立場や御要望に寄り添った治療を提供できるように尽力いたします。
スタッフ一同、お困り事や不安な気持ちに寄り添い、一緒に悩みを共有し、温かみのあるクリニックを目指してしてます。 当クリニックの特徴として眼科一般診療はもちろんのこと、様々な眼科日帰り手術(白内障手術、網膜硝子体手術、眼瞼下垂手術など)を行っていることです。
院長である私は日本屈指の症例数を誇る多根記念眼科病院、大学病院などで眼科医のキャリアを眼科手術治療に重きをおいて研鑽してきました。
さらに、当クリニックで導入している検査機器、特に手術用顕微鏡や手術機器は大学病院や大病院と同じ最上位クラスの機器を導入してます。
地域の患者様が遠方の病院に行かなくても、この地域で手術を受けて治療できることは、当クリニックの最大の強みと思っております。
当クリニックで診療ならびに手術うけていただくことで、より一層地域の皆様に喜んでいただけますよう、また、地域の皆様に寄り添った、温かみのあるクリニックと思っていただけますよう、スタッフ一同精一杯努力して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Copyright © 2021 くさば眼科クリニック All Rights Reserved.